2022年度 診療報酬改定 地域医療体制確保加算と働き方改革
2022年度 診療報酬改定 地域医療体制確保加算と働き方改革

2022年度 診療報酬改定 地域医療体制確保加算と働き方改革

薬剤師・中小企業診断士 藤ケ森 朋広です。

今回は、2022年度 診療報酬改定で内容に変更のあった 地域医療体制確保加算についてお話しします。

地域医療体制確保加算では 具体的な医師の労働時間の削減目標、達成度などを 継続的に測定する必要があります。

他方、薬剤師、看護師、管理栄養士など 医師の仕事の一部を受け持つことで請求できる 診療報酬が増加してきているため 院内全体で医師の仕事を他職種へ受け持ってもらう 良い機会となります。

看護師の特定行為研修や専門薬剤師研修など を人事制度に組み込むことで モラールの向上が図れると考えています。

関連動画として特定行為研修についてお話ししていますので 是非、ご覧ください。

これを機に院内の働き方改革を進めてみてはいかがでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です